左から来る

右からは来ません

バッハと煮物

大バッハの曲は中学生時代あたりからとんと縁がなかった。

先週、ふと聴いたゴルトベルク変奏曲

やられた。

数学的空間で図形が次々と配置されてゆくイメージが脳裏に浮かぶ。音楽でこんな感覚を味わったのは初めてだ。

これはエキサイティングだ。

 

www.youtube.com

 

この成功体験に味をしめた僕は、食わず嫌いは勿体無いとばかりにドビュッシーラヴェルにも手を出してみた。

 

響きが気持ち良くてハッとさせられる瞬間がある。

けれど、歌うようなフレーズが好きな僕はもやもやする。

ファーストは最高だけどその後はダメとか、三作目は金字塔とか、そういうことはロックなどでもあるし、もう少し曲を漁ってみないと好きか嫌いか判断できないだろうと思う。

 

で、そろそろ煮物にも挑戦してレパートリーの幅を広げてみるとしよう。