読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左から来る

右からは来ません

春の嵐

アルコールが障るのか、飲んだ後の歯磨きが雑であることが問題なのか分からないが、しばらく前から飲酒後に奥歯辺りがシクシクと痛むようになってしまった。(現在は回復しつつあるかも

何気ない会話で友人から忠告され、痛みの原因らしきものが分かった。

 

"その痛みは筋トレが起因する痛みである可能性が高い。改善しないままやり続ければ、いずれ奥歯を全て失うぞ"

 

筋トレを愛する老若男女へ僕は下記のような注意を喚起したい。

"友よ、力を込める際には歯を食い縛るな"

 

暫く前に器具の重量を上げてから、うっかりな僕は食い縛っていた。

呼吸へ意識を集中したり、声を出すことで、食い縛ることは防止出来るはずだ。

 

そうさ。

近隣に勘違いされても、家族や恋人に白い目で見られても構いやしないさ。

 

「あなたはまだ若い。回復するまで待ちましょう」と、噛み合わせの調整のみで様子見とした歯医者の判断は正しそうだ。

 

という感じなので、治療を終えるまでは以前のように飲み歩けない。甘過ぎるものも食べないようにしている。

繰り返すけれど、皆は僕に構わず楽しんでくれたら幸いだ。

僕は僕で幸せに過ごしている。

狭い部屋を見渡すだけでも、ここ最近でそれなりの変化があった。

 

脱ぎ散らかしていた服が綺麗に折り畳まれている。

期限切れの調味料などが一掃されている。

床に適度に散乱していた物が片付いており、床がピカピカしている。

うっとりしてしまうくらい良い香りの柔軟剤が使われるようになった。

おまけに炊飯器で保温中のご飯の形状まで整っている。

 

もしかすると掃除にかこつけて彼女は『前任者』の匂いを消し去っていたのやも知れない。

 

申し訳ないけれど僕は随分前に生まれて様々な人たちに出会った。過去は変えられないし、過去があり今の僕が存在する。

 

もう変えようがない事柄を、互いに抱えている。それだけだ。

 

 

しかしナマの日本語で耳にすると、下記の台詞はパワーに満ち溢れていて驚いたよ。

I want to be your bride.

 

幾つものステップを飛び越していて、僕は何の心の準備もしていなかったから尚のこと驚いた。

あまり結論を急ぐと逆に周囲へ不安を与えかねないから、前向きに丁寧に対応したいと思う。

 

過去にくよくよしたり、起きてもいない未来に勝手に失望すること。

僕はそんなことからとうに卒業しているんだ。

 

vimeo.com

 

お前が望むならば、おれはそれを叶える。

仮に新たな悲しみを背負うことになっても、そうすべきだと感じたから。