読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左から来る

右からは来ません

Eureka!Eureka!

理解を超えた存在で、僕は気になってしまう。

初めて顔を合わせた時は、全くそんな印象を抱かなかった。

少しコミュニケーションを取り合うようになって気付いた。

 

言葉に他意が全く感じられない。貶しているつもりはないが、子供のようでもある。

子犬を両の手のひらの上に乗っけられたような気分にさせてくれる。

 

媚びるでもなく、あるがままだから僕も気楽で心地いい。

こんな人が世の中に存在することを発見できて、僕は嬉しいのである。

だけど僕は裸のまま街を駆け抜けるような勇気を持ち合わせていない。

小学生並みの感想だけど、そんなところだ。