左から来る

右からは来ません

電話攻勢に感じたこと

かつては優秀な「いいね」マシンだったu80です。随分前にFacebookは卒業致しました。
最初からザッカーバーグはいけ好かない奴だなと感じていました。いや、言い過ぎました。なんでもないです。

 

電話が繋がらないからって、10回も20回も掛けてくる人ってたまに居るじゃないですか。

 

最初は純粋に手が離せないから出ないのですが、だんだん気が重くなり、途中から意地でも出たくなくなるんですよ。


ブルブル震えているスマホに執念めいたものを感じて、止む無く出れば、


「あいつ、今から電車乗るってさ」

 

たったそれだけ!


僕も働いているんですから、二回程で諦めてSMSで手短に用件伝えてくれたらお互いハッピーだと思うんです。

 

あとね、誰かに連絡取れないからって僕に意見を求めないで欲しいのです。


「おい、××にちっとも連絡取れないんだ。何でなんだ?」


そんなもん。ナイーヴな恋する少女じゃあるまいし。深呼吸してください。

いちいち裏取りして、「トラブルがあってバタバタだったようです」と僕が何故かフォローしなきならんじゃないですか。

 

食通ぶるのも構いませんが、普通の枝豆とかハマグリの酒蒸しとかで満足しているのも分かっています。先を読んで庶民派な僕がオーダーしているんです。

 

まあ、何でもないです。身体を大事にして下さい。

 

……他所の人に電話掛けまくるのは、掛けられた方はマジでビビるから注意しておこうかな。